食品 衛生 法 改正。 【重要】食品衛生法の改正によるHACCP義務化・制度化はいつから?

全ての飲食店に影響!食品衛生法改正で変わる3つのこと

食品 衛生 法 改正

日本でも、海外輸出する製品についてはハサップの導入が要件となっているため、ハサップを導入しないということは海外進出出来なくなるということなのです。 都道府県は、地方自治法によって2年以下の懲役・禁錮刑、100万円以下の罰金までは条例で定めることが可能な権限を与えられていますから、 「全く罰則がない」とは言い切れないわけです。 加えて、既存の業種の方々も見直しの可能性があります。 各営業区分ごとの許可の有効期間は次のとおりです。 特別の注意を必要とする成分等を含む健康被害情報 健康食品のうち、特別に注意が必要な成分を含む食品について、健康被害が起こったときに、事業者から行政へ届出を行うことも義務化されました。 また刑事罰だけではなく 営業停止や禁止処分などの行政処分の可能性も考えられるので、しっかり義務化前に準備しておくことが必要でしょう。 食品衛生法の改正のポイントを知っておけばHACCP制度化も怖くない! ちなみに、今回の食品衛生法の改正のポイントとしては主に次の点が上げられます。

次の

【HACCP義務化】いつから始まる!?制度改正のスケジュール

食品 衛生 法 改正

これらの施行は当初のスケジュール通りですが、実際はどうでしょうか。 本ページでは、関連情報とともにホース・チューブに関するポイントをご案内いたします。 食品衛生法改正、7つのポイント 今回の食品衛生法の改正点は、大きく7つのポイントにまとめられます。 関係法令・通知等• なぜ改正するのか? 食品衛生法が前回改正されたのは2003年。 HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理の制度化• 1.広域的な食中毒事案への対策強化 2.HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理の制度化 3.特別の注意を必要とする成分等を含む食品による健康被害情報の収集 4.国際整合的な食品用器具・容器包装の衛生規制の整備 5.営業許可制度の見直し、営業届出制度の創設 6.食品リコール情報の報告制度の創設 7.その他(乳製品・水産食品の衛生証明書の添付等の輸入要件化、自治体等の食品輸出関係事務に係る規定の創設等). ハサップが「義務化」されるということは、違反した場合には「罰則」があることになります。

次の

食品衛生法|条文|法令リード

食品 衛生 法 改正

こうした新制度ができることで、健康食品の被害抑止の一歩になることを期待したいと思います。 本事項について、HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理の制度化のページにて周知させていただきます。 HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理の制度化について 原則として、すべての食品等事業者は、一般衛生管理に加え、HACCP (ハサップ)に沿った衛生管理の実施が必要になります。 行政書士多田代書事務所の多田秀行です。 なぜ今、食品衛生法が変わる? キーワードは 【食を取り巻く環境の変化】【食中毒の防止】【「食品の安全」のグローバル化】です。 一方、これら指定成分を含む健康食品はスーパーやドラッグストアで気軽に購入できるものであり、消費者にその情報が伝わることも大事です。

次の

全ての飲食店に影響!食品衛生法改正で変わる3つのこと

食品 衛生 法 改正

これまでは輸入時の検査が対策の中心でしたが、HACCPの制度化に伴い、よりしっかりと輸入食品の安全性確保を行っていきます。 厚生労働省の作ったチラシがありますので、まだご覧になっていない方は以下のリンクをクリックして覧ください。 【JFS規格設立企業】 アサヒグループホールディングス株式会社 味の素株式会社 イオン株式会社 キッコーマン株式会社 キユーピー株式会社 サントリービジネスエキスパート株式会社 株式会社セブン&アイ・ホールディングス 株式会社ニチレイ 株式会社日清製粉グループ本社 日本生活協同組合連合会 日本製粉株式会社 日本ハム株式会社 株式会社明治 株式会社ヤクルト本社 山崎製パン株式会社 雪印メグミルク株式会社 株式会社吉野家ホールディングス 株式会社ローソン JFS規格はISOに比較して、中小企業向けの取り組みやすい規格として作られています。 一 第1条中地方自治法第250条の次に五条、節名並びに二款及び款名を加える改正規定 (同法第250条の9第1項に係る部分 (両議院の同意を得ることに係る部分に限る。 一 施設の内外の清潔保持、ねずみ及び昆虫の駆除その他一般的な衛生管理に関すること。

次の

2020年6月1日施行 改正食品衛生法への対応について

食品 衛生 法 改正

当事務所では 食品衛生法の専門家である行政書士が、HACCPシステム導入や 契約書の見直しのサポートを取り扱っております。 二 学校教育法に基づく短期大学(同法に基づく専門職大学の前期課程を含む。 どのような対応をすればよいのかわからない方も多いですよね。 ポイントは下記の通りです。 食品衛生法の改正により許可業種が34業種から32業種に変更になりますが、許可業種も改正後に新たに創出される業種もあれば、今回の改正で無くなる業種もあります。 を紹介していますので、参考にしてください。 これだけ大手の食品関連企業が参加しているということは、今後HACCP順守の証明にはJFS規格の取得が必須となるということです。

次の

改正食品衛生法の概要、HACCP手引書等について:農林水産省

食品 衛生 法 改正

改正食品衛生法の概要、HACCP手引書等について 平成30年6月13日に改正食品衛生法が公布され、原則全ての食品等事業者はHACCPに沿った衛生管理に取組むこととなりました。 これにより食品用ホースを含む合成樹脂製器具・容器包装材に対しての規制が 大きく強化されることになりました。 ただし、第12条第3項及び附則第5条 (厚生省設置法 (昭和24年法律第151号)第5条第28号の改正規定に限る。 また、そうでなくても食品関連事業を営業するためには保健所に営業許可を届け出る必要があります。 )、第40条中自然公園法附則第9項及び第10項の改正規定 (同法附則第10項に係る部分に限る。

次の

ハサップ導入の義務化期限と罰則について

食品 衛生 法 改正

別表(第33条関係) 理化学的検査 一 遠心分離機 二 純水製造装置 三 超低温槽 四 ホモジナイザー 五 ガスクロマトグラフ 六 ガスクロマトグラフ質量分析計(食品に残留する農薬取締法第2条第1項に規定する農薬の検査を行う者に限る。 掲載日:2020年5月26日 魚介類行商、魚介類加工業、発酵乳等販売業を営む皆様へ 食品衛生法が改正され、魚介類行商等に関する条例(以下、「条例」)で規定されている「魚介類行商」、「魚介類加工業」及び「発酵乳等販売業」が、令和3年6月1日から新たに改正食品衛生法(以下、「改正法」)で許可又は届出業種として規定されます。 このページでは、改正食品衛生法の概要やHACCP手引書等について掲載しています。 食の国際化にともない日本でも導入が求められ、法改正の柱となりました。 食品リコール情報の報告制度の創設 事業者が製造・輸入を行った食品について、自主回収(リコール)を行う場合には国に報告する制度が設けられました。 今後出てくるとは思いますが、「指定成分」とは「特別の注意が必要」の意味、この文字をみたら利用する側も注意するようにしましょう。

次の

食品衛生法改正に伴う魚介類行商等に関する条例廃止等のお知らせ

食品 衛生 法 改正

消費者の食品に対する安全・衛星への要求が高まってきている現代で、厚生労働省が食品製造業を対象にHACCP導入の義務化の動きが出てきています。 まだ時間がある——とはいえ、コンピューターのソフトウェアのようにダウンロードして導入完了というわけにはいきませんので、それなりの準備はしておく必要があります。 これらは事業者からの情報収集や国民への情報提供を、より分かりやすく便利に行う仕組みを作ることを目指したものです。 ハサップは国際的な衛生基準であり、先進国の多くで導入されています。 国際整合的な食品用器具・容器包装の衛生規制の整備• ただし、 手続期限以降も引続き営業を続ける場合には、手続期間中に改正法に基づく手続が必要です。 以下この条及び次条において同じ。

次の