おぼつかない 類語。 「おぼつかない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「おぼつかない」の意味の使い方・例文・漢字表記・類語

おぼつかない 類語

「おぼつかない」の意味は「朧げ」と同じ語幹からくる言葉のようにもともと「はっきりしない」、「頼りない」などと多くのニュアンスの意味する言葉であることがわかりました。 バンジージャンプに初挑戦することになり、楽しみで仕方なかったが、いざジャンプするとなると命綱がとても 心許なく見えてきた。 たとえば、「胡乱な人物」の反対なら「正体が明らかである人物」、また「胡乱な雰囲気」なら「確固とした雰囲気」などになります。 【例文】• 例えば「おぼつかない足どりで」などのように使います。 雲外蒼天という言葉は、そのように心に希望を抱く大切さを私たちに教えてくれているのです。 ここでは「おぼつかない」の漢字表記の仕方についてみていきます。 不確かである。

次の

気がかり/気掛かり(きがかり)

おぼつかない 類語

語幹の「おぼ」は、 「朧げ(おぼろげ)」と同じで 「はっきりしない」といった様子をしめします。 「おぼつかない」とは、「おぼつく」という動詞を否定して「ない」をつけた言葉ではありません。 「闇い」の「闇」の意味には「不正や正規でない」といった社会的に正しくないという意味があり、その意味が反映される場合もあります。 時には「冥い」には死後の世界や霊界といった神秘的なイメージも想起させることがあります。 3.頼りにならない あやふやである。 うたがわしい。

次の

覚束ない(おぼつかない)

おぼつかない 類語

基本的には、何かにつまずいたり、くじけそうになったときに用いる四字熟語です。 これは「どこへでもきがかりでなく」という意味です。 また「道理が分からないさま」という意味でも「冥い」は使われますが、「道理が分からなくて愚かだ」という感情的な意味合いも含まれてきます。 例えば、相手の発言の抽象度が高くよく理解できない場合に「心許ない発言」と言ったりします。 これらの文は、「頼りない手つきだった」「足元がしっかりしない」という意味です。 もちろん、努力をしたからといって必ず報われるわけではありません。 4 はっきり見えないで、ぼんやりとしている。

次の

「雲外蒼天(うんがいそうてん)」の意味と由来|類語・対義語も紹介

おぼつかない 類語

例文: 「お墓が冥く、何か出そうな気がする」 「その分野には冥く、もっと勉強しておけばよかった」 「闇い」は全く光がない状態 ここで紹介するどの「くらい」という字の中でも、もっとも暗さが深いのが「闇い」(くらい)です。 「昏い」のさまざまな意味 「日が暮れてくらい」の意味 「昏い」は日暮れや暗闇など「日が暮れてくらい」という意味です。 雲外蒼天を英語で言うと 出典: 雲外蒼天は、既述の通り、今困難な状況であっても必ず良い方向に転じるという意味を持っている四字熟語です。 どちらも確固たるもの、正体が明らかであるもの、何の疑いもないものを表す言葉で、疑念がなく確実で歴然とする様子を指しています。 2 はっきりしない。

次の

「胡乱」の意味や語源とは?使い方とあわせて類語・対義語も解説

おぼつかない 類語

この店は何だか胡乱げな雰囲気がするから、すぐに出よう。 6 不審である。 「つか」は、 「ふつつか」等と同じ接尾語 です。 また、「おぼつく」という動詞は存在しない間違った日本語であることもわかりました。 「胡乱」「胡乱げ」を使った例文• ・一人でも賛成してくれていることが知れてとても心強かったです。 感情を表す表現として「暗い気持ち」がありますが、「昏い気持ち」よりもより気分が重く不安の色が強いときに「暗い気持ち」が使われます。 訝しげな人物を目撃した。

次の

「覚束ない」とは?意味や使い方を例文や類語を含めてご紹介

おぼつかない 類語

【気がかりの類語】 //懸念/危惧/危懼/権輿/病/気が気でない/気になる/気にする/気にかかる/気を揉む/気にかける/気が揉める/気に病む/気を砕く/気遣わしい/気遣い/気扱い/気骨/回り気/肝膾を作る/心障り/心がかり/心もとない/心細い/心細がる/心苦しい/心労/気苦労/心を痛める/心を砕く/心を悩ます/おぼつかない/後ろめたい/物思い/思いやられる/思い憚る/思い悩む/思い煩う/思案/悩ましい/悩み/苦悩/介意/意に介する/意とする/案じる/案ずる/構う/煩う/頭痛/頭が痛む/頭を痛める/頭を抱える/頭が重い/頭を悩ます/他人の疝気を頭痛に病む/人の疝気を頭痛に病む/隣の疝気を頭痛に病む/胸を痛める/胸騒ぎ/危ぶむ/鬼胎/鬼胎を抱く/虞///杞人の憂え/憂い/憂え/憂える/憂心/憂慮/憂懼/憂惧/深憂/煩憂/心の氷 【気がかりの同音異義語】 - 【気がかりの関連リンク】. 「おぼつかない」の意味と例文は以下のようになります。 「冥い」とは「真っ暗な状態」 「暗い」よりもより暗さが増した状態に「冥い」(くらい)という字が用いられます。 漂流から一週間が経ち、水も食料も 心許なくなってしまった。 また、「つか」は「ふつつか(不束)」の「つか」と同じ接尾語です。 【2】うたがわしい。 ただし、こちらは雲外蒼天のように困難や障害を脱したときではなく、疑いやわだかまりが晴れたときに用いる言葉です。 4つ目は 「ぼんやりとしている」という意味です。

次の

「覚束ない」とは?意味や使い方を例文や類語を含めてご紹介

おぼつかない 類語

したがって、「心配しなくていい」という意味で「心配無用」という言葉を使用することができます。 「今は事業が軌道に乗らず大変ですが、 雲外蒼天と信じてがんばってください」 とても前向きな言葉なので、使い方次第では自分や周囲の人間をとても元気づけることができるでしょう。 不安や心配な気持ちで心が落ち着かない様子を言い表す言葉です。 【例文】• 以下が「ない」が否定の意味で使われている言葉です。 ・「with unsteady steps」(おぼつかない足どりで) 2.信用できず疑わしい 「おぼつかない」には「疑わしい」とか「見込みがない」という意味があります。 危なげな様子で、見ていてハラハラしてしまうような様子を「危なっかしい」と言い表すことができます。 これもかなり古風な言葉で、現代ではほとんど使用しません。

次の