ダン タイソン。 ダン・タイ・ソン(ピアノ) Dang Thai Son, piano

ダン・タイ・ソン〜ショパンに愛されたピアニスト

ダン タイソン

生い立ち、伝説 ダン・タイ・ソンは、ベトナムの首都ハノイの出身ですが、彼がピアノ学習を続けていた当時、ベトナムは、戦渦の只中に ありました(ベトナム戦争)。 演奏の特徴 古今東西の世界的ピアニストの中には、奇抜な演奏効果を狙うピアニストや豪快なテクニックと腕力でピアノを鳴らし切るヴィルトゥオーゾタイプ のピアニストなど、様々な個性を持つピアニストがいますが、その中にあって、ダン・タイ・ソンは、非常に目立たない地味な存在 と言えます。 最近の活動としては、2010年2月にはヨーロッパ・ツアーを行い、チェコ・フィルや、ポーランドでフランス・ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラと共演。 - 招聘会社KAJIMOTOによるプロフィール この項目は、(・・・・など)に関連した です。 WEB最大級の音楽サイト、HMVジャパンのクラシックコーナーです。

次の

ダン・タイ・ソン (DANG THAI SON)|チケットぴあ

ダン タイソン

でも、けっしてやりすぎてはなりません。 いまようやく私はシューベルトに少しずつ近づくことができているのです。 ゆとりというか、リラックスしているといったらいいのか、自信にあふれているという感じがするのである。 ショパンの全作品という限られたレパートリーの中で、ピアニストとしての力量を世に問う のは容易なことではありませんが、生まれながらのショパン弾きであるダン・タイ・ソンにとって、これは極めて自然な 行為であるようにも感じられます。 (英語) - 公式サイト• ピアノを聴く真の歓びに満たされるひとときを存分に堪能したい。 ダン・タイ・ソン 「私は長年ショパンを演奏してきました。

次の

ダン・タイ・ソン〜ショパンに愛されたピアニスト

ダン タイソン

今回はショパン「3つのワルツ」「マズルカ風ロンド」「舟歌」「ボレロ」「バラード第1番」が登場する。 経歴 [ ] 1958年生まれ。 詩人の父とピアニストの母親を持つ。 その後、コンサート・ピアニストとして演奏活動を続けている。 しかし、ダン・タイ・ソンは優勝後一貫してショパンをレパートリーの主軸に据え、ショパンとの音の対峙を極め、作品の内奥へと迫っていく。 当然でしょうね このCDを聞くと、ブジコ・ヘミングが向こうで通用しなかった理由が良くわかります。

次の

ダン・タイ・ソン (DANG THAI SON)|チケットぴあ

ダン タイソン

彼の演奏の素晴らしいところは、けっして大きな音ではないが、 真珠のように美しい音色をピアノから鳴り響かせることができるところです。 というのは、ダン・タイ・ソンは、作品の本質に無関係な誇張を嫌い、必要以上の効果を狙った外面的な華やかさ には全く無関心で、作品が本来備え持っている本質的な「美」に光を当て、その「美」を真摯な姿勢で追求していく演奏をするから です。 これまで、レニングラード・フィル、モントリオール響、BBCフィル、プラハ響など世界のトップ・オーケストラと、また、サー・ネヴィル・マリナー、マリス・ヤンソンス、ウラディーミル・スピヴァコフなど名指揮者らと共演。 このコンクールでは、旧ユーゴスラヴィア出身のイーヴォ・ポゴレリチも彼以上に多くの注目を集めましたが(これはアルゲリッチ 審査員脱退事件も大きな影響を与えていたようです)、優等生代表のダン・タイ・ソンと異端児ポゴレリチのような、タイプ的には 全く異なった2人のピアニストに優劣をつけるのは非常に難しいことだと思います。 実際のショパンご本人のコンサートは、とても音量が小さく繊細なタッチの演奏だったそうです。 ただ20番は同コンクール5位のポーランド人・ポブウォッカの演奏が上位と思います。

次の

ダン・タイ・ソン

ダン タイソン

近年、ダン・タイ・ソンはワルシャワでウラディーミル・アシュケナージ指揮フィルハーモニア管弦楽団と共演し、パデレフスキのピアノ協奏曲と小品をいくつか収録している。 1980年、ショパン国際ピアノコンクールで数々の特別賞とともに優勝し、アジア出身の初の快挙として大きな注目を集めた。 20番は難易度の高い楽曲と思います。 「《レリーク》と題されたこのソナタは未完の作で、2楽章しか残されていません。 参考図書: ダン・タイ・ソン演奏のショパンCD ダン・タイ・ソンのショパン. メロディのフレーズを決める鍵となるわけで、この鍵が把握できれば曲のロジック面の展開も解決できます。 2002年、サカリ・オラモ指揮バーミンガム市響と、2004年には、ジョン・ネルソン指揮パリ室内管弦楽団との日本ツアーのソリストを務め、いずれも高い評価を得た。 自分の立場をきちんとわきまえ、多くの弟子たちにもそれぞれの個性を伸ばすような指導を心がけ、一緒にピアノを弾いて教えるという指導法だ。

次の

ダン・タイ・ソン〜ショパンに愛されたピアニスト

ダン タイソン

ルバートは音と音の間をほんの少し揺らすこと。 レパートリー ダン・タイ・ソンは、ショパンコンクール優勝者の中でも、ショパンの音楽にとりわけ大きな愛着とこだわりを持ち続ける、 文字通り「ショパン弾き」です。 ポーランドでは徐々に人気が出ていますので、ぜひ日本のみなさんにも聴いてほしいと思い、聴きやすく美しい旋律の曲を選びました」 ダン・タイ・ソンには初来日以来、長年取材やインタビューを続けているが、いまとてもいい表情をしている。 ショパン国際ピアノ・コンクールの優勝者・入賞者は、以後どこに行ってもショパンを要求されるため、しばらくショパンの演奏から離れる人も多い。 このコンクールは、完成度が不足なら「優勝者なし」となる「絶対評価」が採用されていますので、優勝ならショパン の音楽として本物。

次の