フロア ワイパー。 ベタつく季節はウェーブでウェット拭き!ウェーブフロアワイパー|ユニ・チャーム

日本製フローリングワイパー|ユニ・チャームウェーブフロアワイパー

フロア ワイパー

取り替え用シートはメーカーごとに特徴的なものを出していることと、同じ枚数ではないものもあるので、単純なスタンダードタイプで比較しています。 22件のビュー• でもヘッド部は大きさが違います。 布のクロスであれば、洗濯して再利用するためコスパが優れているでしょう。 パイプ部分がしならないので、連結部分の破損の心配がない• 手数料などの利用者負担はありません) お近くのコンビニエンスストアにて決済いただくことが可能です。 いやいや今までありがとう。 そして一面だけしか使えません。 力を入れても軸がしなることが無い• ヘッドが360度自由自在に動く• 自宅のフローリングの面積が広く、楽に掃除をしたいと考えている方であればフロアワイパーを使ってみるのがおすすめです。

次の

【クイックルワイパー敗北】スコッチブライトのフロアワイパーが最強だった。

フロア ワイパー

各パイプにはパイプ同士を固定する緑色の突起物があります。 ステンレス製 外観チェック グッドデザイン賞受賞!組立式と伸縮式がありますが、受賞してるのは組立式です。 裏側はこんな感じ。 膝が痛くならないし、雑巾を絞る手間もなくしてくれました。 その企業の製品を使いたいかどうかやデザインや色も重要なのです。 15,479件のビュー• パソコンの設定方法 Windows• 赤ちゃんがいる家庭であれば、特にフローリングを清潔に保つ必要があります。 8件のビュー• このヘッド部はくるくる回転するので表と裏の両方を使って床掃除できます。

次の

フロアワイパー

フロア ワイパー

49,967件のビュー• 本体サイズ:25. 今日の人気記事• そのため、伸縮タイプを選べば快適にフローリングを掃除できます。 All right Reserved. ユニ・チャーム ウェーブ 超毛束ドライシート 一緒に買ってきた交換用シートは「超毛束ドライシート」で、砂も髪の毛もほこりもがっちり絡め取るという代物。 重量が少し重い(気にする程ではない)• 使ってみた感想 今までずっとクイックルワイパーを使い続けてきたので、ウェーブのヘッド部がくるくる回転することにちょっと慣れない。 シートの色は白。 ちなみにこれは2019年版の新商品です。 ざっとの比較ですが、価格はクイックルワイパーが全体的に安いようです。 画期的だったクイックルワイパーの登場 今では床掃除の定番アイテムとなっている、花王の「クイックルワイパー」が登場したのは1994年でした。

次の

日本製フローリングワイパー|ユニ・チャームウェーブフロアワイパー

フロア ワイパー

とはいえ、腰痛持ちの人の掃除を楽にしてくれたし、メリットの多い製品です。 選択した画像が表示されたら左下のアイコンをタップし、表示されたパネルの【壁紙に設定】をタップしてください。 押し込んだところ ヘッド部を閉じてセット完了。 汚れの取れ具合 左がクイックルワイパー、右がスコッチブライト製のワイパーです。 新しいウェーブの一番の良いところは、家具と家具の隙間に入るので側面を拭けるようになったこと。

次の

フロアワイパー

フロア ワイパー

クレジットカードやデビットカード、金券類などはご利用になれません。 本当に花王の「クイックルワイパー」はお掃除方法をガラッと変えた製品でした。 そのため、柄の長さを自分の好みに合わせることができるでしょう。 柄が短ければ姿勢が悪くなるため腰などを痛め、反対に長いと力を入れにくいです。 ヘッドが大きければ一度に広範囲の掃除が可能なので、効率が良いです。 ステンレス素材で頑丈• まとめ フローリングを綺麗な状態で保ちたい場合は、フロアワイパーを使ってみましょう。 スコッチブライトの方が柄が長い。

次の

【クイックルワイパー敗北】スコッチブライトのフロアワイパーが最強だった。

フロア ワイパー

しかし多くの模倣品の中で存在感を発揮し始めたのはユニ・チャームの「ウェーブ」というシリーズでした。 柄は棒状ですが種類によって、使い勝手が変わってきます。 しなり具合 クイックルワイパーはグラグラなのがわかるかと思います。 17件のビュー• クイックルワイパーよりヘッドが大きい。 私が2011年以降花王製品を不買していることもありますが、本体の色が青で私の好きなことも理由です。 実際このぐらぐら設計で、接続部の固定部品が破損してしまいました。 ユニ・チャーム「ウェーブ」シリーズ登場 花王が販売している「クイックルワイパー」はあっという間に模倣品が出ました。

次の

日本製フローリングワイパー|ユニ・チャームウェーブフロアワイパー

フロア ワイパー

クイックルワイパーより大きい。 価格は1,230円(税込)でした。 掃除機で掃除するよりも排気が出ず、静かで手軽に掃除できるのでおすすめです。 また、効果的に掃除をしたい場合であれば、朝一のタイミングにフロアワイパーを使うのがおすすめです。 組み立ては簡単。

次の