週刊 文春 森友。 「週刊文春」2年半ぶり完売 “森友”自殺職員の手記公開が反響 相澤記者スクープに編集長「震えました」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

森友「遺書」スクープは、なぜ週刊文春だったのか――フリーライターが相澤さんと編集部員から学んだこと|常井健壱(トコイケンイチ)|note

週刊 文春 森友

瞬時うっとりしますが、斬新さはありません。 「雲隠れ」に近い発言を探せば、その3日前、2月17日に遡る。 今の日本以上、韓国未満のどこかが適切だと思う。 昨年末のこんな記事を見つけたので貼りつけておきます。 先週スクープの追撃弾ですね。 「改革」の美名の下に、国家の強権的な手法によってキャリアを断絶され、おそらくは「国労潰し」の地獄絵図も直視したであろう若き日の挫折を背負いながら、再雇用先の大蔵省では落地成根の思いで奉職し、「国民のために働く」という自尊心を回復していった。

次の

なぜ「森友スクープ」は若者に読まれるのか?

週刊 文春 森友

そういう話。 「なぜこのネタを出さないんですか!」 誰も反論できない、と思いきや、大阪のS統括が反論してきた。 私はこの原稿を「全中(全国ニュース)に送るべき」と進言したが、東京には送られなかった。 はしかだって、江戸時代には何度も大流行している。 殆ど面積、場所も同じで14億3千万円の土地が14億値引きされ3千万円で売却されたのだ。

次の

なぜ赤木夫人は政治家よりも週刊文春を優先するのか

週刊 文春 森友

「まだ開けてないけど、ありがとう」「の絵本よ」「へぇ~」「私も初めてだったけど。 しかし、彼らだけが、この問題から目を背けているように思えてならない。 〉 夫人は佐川氏と国に対し、1億1000万円余の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。 コロナ危機で政権を手放す事だけはしない。 「Kアラート」だ。

次の

なぜ週刊文春だけに日本を揺るがすスキャンダルが集まるのか サロン系雑誌が「文春砲」になるまで

週刊 文春 森友

だが、A氏も政治部出身で、初任地は同じ鳥取。 ちなみに、週刊文春を久々に買った方はあまり知らないかもしれないが、 芸能界から徹底的に干された女優「のん(能年玲奈)」を文春が根気強く重用していることも、今回の編集方針と通じるものがある。 だが、私が最も驚いたのは、小学校の名誉校長に安倍昭恵首相夫人が就任していたこと。 翌日の火曜日は晴天。 冒頭で記したように、小池氏が激怒したのだ。 再調査ではなく第三者調査をやるべき (荻上チキ)だって公文書を改ざんした省庁ですよ? そこが「調べたけどなかった」って言ったところで、当然また文書を削除している可能性もある。 鑑定価格9億5600万円だった国有地が、約8億2000万円も値引きされ、1億3400万円で売却されていたという驚きの事実が判明する。

次の

「すべて佐川局長の指示です」――森友問題で自殺した財務省職員が遺した改ざんの経緯【森友スクープ全文公開#1】

週刊 文春 森友

以下、同書の300〜301ページより引用。 「財務局の担当者が購入できる金額の上限を尋ねたところ、学園側は約1億6000万円と答えた。 〈この事実を知り、抵抗したとはいえ関わった者としての責任をどう取るか、ずっと考えてきました。 そんな動きがありまして、これはま大変な報道だなっていうことと、改めてその森友学園問題の時の積み残しというか、やっていなかったことは何なのか?っていうことを再度、国会の方、あるいは行政の方ではね、これに対して動かなくてはいけないなという風に思っています。 「再調査してください」っていう風に言ったら「しません」と言われる。 著者: 発売日:2020年03月26日 発行所:文藝春秋 価格:440円(税込) JANコード:4910204010407 加藤晃彦編集長のコメント 「週刊文春」3月26日号は、おかげさまで完売となりましたが、「買えない」との電話を多数頂き、編集部として心苦しく思っております。

次の

荻上チキ 週刊文春「財務省・近畿財務局職員手記」記事を語る

週刊 文春 森友

「手がふるえる」という箇所に下線が引いてある。 相澤さんがこのスクープを発表する場として『週刊文春』を選んでいただいたことに感謝します。 週刊文春編集部がNHKに取材を申し込んだところ、 「報道局長の意向で報道内容を恣意的に歪めた事実はありません」 という回答だった。 その他各誌、頑張ってくださいね、ファイト!ファイト! 争い、戦いのないところに発展はないのだ。 そのストーリーから逃れなれない。

次の

なぜ週刊文春だけに日本を揺るがすスキャンダルが集まるのか サロン系雑誌が「文春砲」になるまで

週刊 文春 森友

でも、いまは人間と共生している。 時には二人の若い部下と共に涙を流してまで改ざんに抵抗したと言います。 「週刊文春」はまず相澤さんを著者としてデビューさせ、元テレビ局記者に出版界で活動するための土台を作った。 自宅を出て車に乗り込む黒川弘務東京高検検事長=東京都内で2020年5月21日午後4時50分 無理やり黒川を検事総長に据えようとしていた安倍首相には、取り返しのつかない痛手となった。 「そんなバカな。

次の

森友「遺書」スクープは、なぜ週刊文春だったのか――フリーライターが相澤さんと編集部員から学んだこと|常井健壱(トコイケンイチ)|note

週刊 文春 森友

特ダネも書き換えられていく それから1カ月余りが経った頃、取材を進める私は耳を疑う情報に接した。 手記を寄せた相澤氏(写真右・「ニュースほっと関西」より) NHKは「報道局長の意向で報道内容を恣意的に歪めた事実はありません。 野に下ったばかりの物書きにとって、それ以前に一人の人間にとって、これほど心の支えになるものはない。 あるはずの記述をないことにしたりとか。 ところが実は、彼の自宅のパソコンには「手記」と題した詳細な文書が遺されていたのだ。

次の