チョウ トンボ。 チョウトンボって世間一般的にみると希少な種でしょうか?それとも普...

トンボ公園のチョウトンボ&海洋堂のかっぱ館とホビー館♪

チョウ トンボ

カラフルなトンボ アオモンイトトンボ アオモンイトトンボはイトトンボ科のトンボ。 その姿からチョウのような飛び方をするトンボということでチョウトンボと名付けられました。 日本国内での分布は局所的で、さらに近年の開発や環境汚染により著しくその数を減少させている。 産卵時期になると単独で行動し、水面をトントンと飛び跳ねながら産卵していきます。 アオモンイトトンボのメスは同色型と異色型の2タイプに分かれることで、メスとオスの区別が付きづらくなりオスから交尾を執拗に迫られる事が減ります。 農薬の使用も本種の減少に関わった可能性もありますが、農薬の影響を最も受ける水田は元々本種が好む環境ではないので、主要な原因ではないでしょう。 (PDF形式:203KB)1ページ (別ウインドウで開きます)• 羽化は6月中旬ごろから始まる。

次の

駒ヶ根市の昆虫 ハッチョウトンボ

チョウ トンボ

古座川町は生育地となっている休耕田を買い取ったり、防護柵を取り換えたり、盛り土を整備したりするなどの環境づくりを進めている。 CC BY-SA 3. 「あっ!?」と思った次の瞬間にはタイワンウチワヤンマは棒の先に止まってチョウトンボのオスをむしゃむしゃ食べていました。 20 オスは、なわばり内に他のオスが侵入してくると飛び立って追い払います。 腹部は細くて短い。 CC BY-SA 4. 7月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2. 翅は青紫色でつけ根から先端部にかけて黒く、強い金属光沢を持つ。 CC-BY-3. 【科】トンボ科 【属】チョウトンボ属 【和名】チョウトンボ 【学名】 Rhyothemis fuliginosa 翅 が全体的に黒っぽい色でおおわれ、光の角度によって虹色に光ります。 5 DC MACRO ) クリックすると大きめの絵になります 夕方のお池では近くからゆっくりと観察させてくれました。

次の

チョウトンボ(尾張旭おわりあさひの自然)

チョウ トンボ

オスは赤とんぼの様な赤色の体色に、赤色の複眼が特徴的です。 7月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM ) クリックすると大きめの絵になります 夏のお池にチョウトンボを見に行きました。 6月中旬ころに羽化し始め、9月ころまで見られます。 オニヤンマの絶滅だけは避けてほしいものですね… コオニヤンマ コオニヤンマは名前の通りオニヤンマにそっくりのトンボで、オニヤンマと比べると体長はやや小さい。 チョウトンボのオスとメス。 この矢田鉄砲場八丁目の詳しい場所は現在不明とされるが、内の付近と見られている。 生息地は綺麗で自然な環境と水辺を好むので水辺が少ない街ではあまり見かける事が無いそうです。

次の

皇居東御苑の昆虫:昆虫の写真・観察地域

チョウ トンボ

トンボなのにチョウ? チョウトンボは羽が大きいのですが、そのおかげで飛び方がちょっと違います。 リュウキュウハグロトンボ リュウキュウハグロトンボはカワトンボ科のトンボ。 そのため小型のオニヤンマという意味で『コオニヤンマ』と名が付けられたといわれています。 ハスに止まるチョウトンボ 小雨の降る中でハスに止まっているチョウトンボ。 仏像のガチャポンから出て来た、四天王の「」 小さな旅はこれでおしまい。 特徴 [ ] 形態 [ ] 成虫の体長はオスが17-21 (腹長10-14 mm、後翼長12-16 mm)、メスが17-21 mm(腹長9-13 mm、後翼長13-16 mm)で極めて小さい。 2014年5月21日. 日本以外にも、近縁種が多数存在する。

次の

駒ヶ根市の昆虫 ハッチョウトンボ

チョウ トンボ

赤とんぼの歌詞『夕焼け、小焼けの赤とんぼ』の赤とんぼは、アキアカネの事を指しています。 池があればこのトンボはどこでも普通に見られたのである。 余談ですが、チョウトンボが飛んでいるとがチョウっぽく見えるのは翅に色がついているせいであって、滑空を多用する飛び方自体は他の後翅の幅が広いトンボ(ウスバキトンボやハネビロトンボなど)と変わりないので、特に珍しいわけではありません。 ハッチョウトンボは、山麓部から湧き出た水によってできた湿地帯に近くの生 息地から飛来し、棲みつきました。 2006年6月25日撮影 チョウトンボの交尾時間は短く、すぐに産卵行動に移ってしまいます。 7月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM ) クリックすると大きめの絵になります 青紫色の翅をひらひらさせて、チョウのように舞う美しいトンボです。 メスは茶褐色で、腹部に黄色や黒色の横縞がある。

次の

チョウトンボとショウジョウトンボ : 虫籠物語

チョウ トンボ

この素晴らしい運動性能をもつオニヤンマは、昆虫界最強のスズメバチをも捕食する事もあるようです。 外で出会っても蝶と見間違えていまいそうですね… アオイトトンボ 北海道〜九州北部に生息するアオイトトンボ科のトンボ。 腹部最先端の尾部付属器が短いです。 ありがとうございました。 CC BY-SA 4. チョウトンボのまとめ 今回の記事でチョウトンボの生態について理解する事が出来たでしょうか? チョウトンボを直接見たことがある方は少ないかも知れませんが、写真や動画からでも十分その美しさが分かると思います。

次の

チョウトンボ

チョウ トンボ

2013年2月22日閲覧。 オスは名前の通り綺麗な青色の複眼を持っています。 04 トンボ科のトンボが暑い日に逆立ちのポーズをすることはよく知られています。 交尾後、シオカラトンボはメスの上でホバーリングして産卵を見守りますが、チョウトンボのオスは他のメスを探すために何のためらいもなく飛び去ってしまいます。 その後もくっついたり離れたりしながら何分かはじゃれているように見えたので、飛んでいる間に受け渡しは済ませたのでしょう。 駒ヶ根市 2004年7月1日. 2009年. ハッチョウトンボが生息する駒ヶ根市南割公園は、中央自動車道を造る際 の盛り土を採取するため、山麓部の斜面を削ってできた場所です。 現在の場所でいうと名古屋の矢田川付近で発見されていたようです。

次の