アントン パール。 株式会社アントンパール・ジャパン

アントンパール・ジャパン

アントン パール

アントンパール社は、最先端の生産技術を使用して、お客様の要件にお応えする高精度な測定機器をお届けします。 DIN EN 16659 "MSCR-Test"• このようなナノインデンテーション,スクラッチ試験およびピンオンディスク式トライボロジー試験などの新しい表面評価技術を用いて,現代のコーティングメーカーは,切削工具のパフォーマンスに関する有利な情報をもたらす重要な機械的特性データを取得できる。 また、Oリング交換などのメンテナンスも不要です。 com graduation-cap 設立 2008年10月 icon-inbox 資本金 100,000,000円 icon-users 従業員数 90名 事業内容• 自動蒸留試験器• この時点で,コーティングの表面特性はもはや損傷から基板を保護することができない。 事業所名 事業所名は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。

次の

小型液体密度センサー L

アントン パール

ナノインデンテーション測定を行う時にデータ取得システムは圧子の押し込み深さに対する印加荷重を記録する。 (4)温調が容易で高精度 小型のセル全体を容易に温調可能なため,短時間で厳密な温度調整ができる。 計測した密度・温度から濃度値を換算することも可能です。 名前 必須 姓をご入力ください。 また、真密度が測定できるセンサで、コリオリ式・浮子式・質量流量式ではありません。 主に次の3つのパラメータを測るためにトライボロジー試験が使用される。

次の

オンライン液体密度計『L

アントン パール

DIN 1342 1-3• 温度 DMA4100M:0. また、真の密度が測定できるセンサーであり、コリオリ式・浮子式・質量流量式ではありません。 ふりがな 必須 姓(ふりがな)をご入力ください。 密度 DMA4100M:0. フィリングチェック(Filling Check(TM))機能で,サンプル注入の失敗や泡の混入を自動検出• 1986年、フリードリヒは、義理の父ウルリッヒ・ザントナーのいるアントンパール社の経営陣に加わり、2002年以降はCEOを務めました。 EN 3219• 既知の形状のあるダイヤモンド材インデンター圧子をコーティングされた試料に一定の移動スピードで印加する。 プラグ&プレイ。 摩擦と摩耗は互いに独立している。

次の

アントンパール・ジャパン

アントン パール

お気軽にお問い合わせください。 また、航空部門と医学部門のお客様にも認められています。 【サーモバランス機能】 この機能により,温度1点のみの校正で測定温度範囲すべてでの迅速な高精度測定が可能となる。 4404 (SUS316L相当) センサー内径 6. 旧カンタクローム社製品も取り扱っております。 試験自体は試料の弾塑性特徴を測るために既知の形状を持つ圧子が材料に押し込む深さを測定する原理になる。 室温付近であれば注入から数分以内で測定が完了する。

次の

レーザー回折式粒子径分布測定装置|株式会社アイシンナノテクノロジーズ

アントン パール

お客様の多岐にわたるご要望にお応えすべく2009年2月日本法人を設立いたしました。 これらの基本的特性を用いて,実際に使用される工具がその寿命の間に遭遇する応力をシミュレートするスクラッチ試験の条件設定に使用する。 トライボロジー試験に対する複数のISO規格およびASTM規格が対象になる。 これがアントンパール社が長年守り抜いてきた重要な企業理念であり、品質管理システムの核となる信条でもあります。 4404 (SUS316L相当) センサー内径 6. さらに、ユニークな設計の光学ベンチは全ての光学部品が鋳鉄製のベースプレートに取り付けられています。 ASTM D4402• ヘルール、フランジ、スウェジロック、平行ねじのほか、ベンチュリ管やピトー管を応用したサンプリングシステムも選択可能です。

次の

ナノインデンテーション,スクラッチおよびトライボロジー試験

アントン パール

DIN 51810 Part 1• 取扱企業 高速比表面積・細孔分布測定装置『NOVA touch』 物性測定・分析機器の製造、販売、サポート 密度計、粘度・粘弾性測定装置、ゼータ電位測定装置、マイクロ派合成装置、旋光計、など。 PSA 1090及びPSA 1190では、マルチレーザーを搭載した独自の光学設計による回折解析により、さらに広範な粒子径を測定できます。 高性能な測定を継続させるため,機器は定期的にメンテナンスし調整する必要があります。 正しい郵便番号をご入力ください。 0001 0. 理想的な切削工具用コーティングは,膜・基板システムの安定性が維持されるために,工具の使用中に発生する弾塑性変形を膜の表面に閉じ込めるように最適な材料および構造や組み合わせが必要である。

次の

小型液体密度センサー L

アントン パール

DIN 53019-2• お客様の要求を積極的に取り入れる姿勢とマーケットの成長への強い関心が新しい装置を開発するアイデアの基本です。 粘弾性・粘度測定装置• 2つの接触面の間に潤滑剤を塗布することによる潤滑の影響 トライボロジーは,力学と化学物質の関与,ならびにそれらが相互作用する環境の複雑な相互作用である。 ・スラリーの固形分濃度計として 蒸発残留物や、固形分測定として。 重量:約22. ASTM D2196• 主に測定できる特徴は硬さ(HIT)と弾性率(EIT)。 例えば成膜レート,基板の洗浄,成膜温度など,基板ロットの品質でもその1つになる。

次の

世界をリードするアントンパールの密度・濃度測定

アントン パール

アクセサリをいくつも扱ったり、手作業で調整する必要がありません。 この機能により,どのような測定条件下でもサンプル充填が正しく行われると確信を持って測定ができる。 負荷荷重はすでに決められたスクラッチ距離の中に一定荷重や連続的に増加される荷重もしくはステップ的に制御しながら増加される。 ここでは,振動式密度計として市場最高精度を誇る,当社のU字管振動式密度計「DMA-Mシリーズ」について,基本原理と装置概要,実際の応用事例などについて述べる。 仕様 測定範囲密度.......... 最少試料量:約1mL• 各モデルの性能を 表1に示す。 AASHTO T350 "MCSR-Test"• DIN EN 13302• コーティングの質にこのパラメータのいずれかの影響をスクラッチ試験によって評価できる。 (3)必要サンプル量が少ない セルの容量が1mL程度で十分な精度が得られる。

次の