ツームストン パイル ドライバー。 ジ・アンダーテイカー

パイルドライバー解説

ツームストン パイル ドライバー

ではオースチンの持つWWF王座とトリプルHの持つ、破壊兄弟の持つタッグ王座を懸けたタッグマッチでパワー・トリップと対戦し、抗争中に負傷したケインの左腕への集中攻撃と、ビンスとステファニーの乱入もあって敗れたものの、5月5日の『Insurrextion 2001』では、ケインの欠場によって一対二のハンディ・キャップ形式WWF王座戦(オースチンからフォールを奪った時のみテイカーがWWF王座獲得)でパワー・トリップと対戦し、ビンスとステファニーの乱入をものともしない無双の強さでトリプルHからフォールを奪って勝利した。 オースチンのパイルドライバーは、相手の頭を腿ではなく膝付近で固定して、胴体をクラッチせずにタイツを掴んで引っ張り込むようにして放った。 との抗争では破壊兄弟として主にタッグ部門で活躍し、初めてWWE・WCW両タッグ王座を同時に保持した。 技の原理は前述のキン肉ドライバーとほぼ同じだが、こちらはスカイライダーの特技である垂直飛びと技への捻りも含まれているため、威力は大きい。 com. 相手を抱えて持ち上げるのではなく、相手に頭を軸に倒立してもらい、相手の両足に自身の頭を挟み込み、パイルドライバーを仕掛ける。

次の

バディ・キラー・オースチンのドリル・ア・ホール・パイルドライバー

ツームストン パイル ドライバー

テイカーのレッスルマニア無敗記録(The Undefeated Streak)を懸けた試合は、WWE・世界ヘビー級王座戦以上の扱いや注目度を浴びることも多く、事実上のレッスルマニアのメイン戦の一つとなっていた。 この技が見られなくなってからもごく稀にコーナーからのダイビング・エルボードロップを試みることがあるが相手に対処され失敗することが多い。 時には互いにツームストンの体勢のまま回転を繰り返す攻防も見られる。 これほど凄惨なサイドストーリーがあるのだから、この技一本で勝負するレスラーがそろそろ出てきても平成のファンには新鮮であろう。 どうかその日まで、レスト・イン・ピース!」とアピールし、武道館の観衆から万雷の喝采を浴びた。

次の

スレッド転載禁止©5ちゃんねる©5challrightsreserved転載サイトはアフィリエイトです│エンがちょブログ

ツームストン パイル ドライバー

応用技として三平が座布団を敷いて相手を抱えて持ち上げるのではなく、相手に頭を軸に倒立してもらい、相手の両足に自身の頭を挟み込み、座布団の上にパイルドライバーを仕掛けるのを 超安全式パイルドライバーの名称で使用。 SSD(スタイナー・スクリュー・ドライバー) [ ] のオリジナル技。 テーズ式パイルドライバー [ ] のオリジナル技。 4月1日にはを破りUSWA統一世界ヘビー級王座を獲得。 残念ながらツームストン式以外のパイル・ドライバーは、パワーボムの定着とともにマイナーな使い手の少ない技になっているのが現状。

次の

ジ・アンダーテイカー

ツームストン パイル ドライバー

そして、4月6日のレッスルマニアXXXでレスナーと戦うも、敗北し、ついにレッスルマニア無敗記録は途絶えることになった。 この技は受身が取れない。 これに勝利し、試合後にはハシゴの頂上からのチョークスラムでリングを貫通させ、炎を燃え上がらせてエッジを火葬した。 そして30番目に登場したにより脱落させられた。 ではショーにノックアウト負けを喫するがではラストマン・スタンディング・マッチで勝利。

次の

『ツームストン?ゴッチ式?』by ドープインパクト : パイルドライバー (Pile Driver)

ツームストン パイル ドライバー

その流れでヘルズ・ゲートを決め、レスナーが中指を立てながら失神していくところを見届け、勝利した。 ジャーマン・ドライバー [編集 ] のオリジナル技。 メキシコはマットが硬いため、頸椎を損傷する恐れがあるということで全面的に禁止技に指定されている。 通常のパイルドライバー(以下ホールド式)は相手の動体をしっかりホールドして、一度伸び上がって自分の体を相手の身体に密着させ尻餅を付くような形で倒れるのだが、一度伸び上がるときに頭がすっぽ抜けることが非常に多い。 物理的な衝撃以上に精神的ダメージが強い。 また、バッドアスギミック時代に試合前後に彼が乗り回していたバイクは一見に見えるが、実際はそれらをオーダーメイドで職人がカスタムしたというバイクで、値段は一台10万ドル単位であるらしい。

次の

ジ・アンダーテイカー

ツームストン パイル ドライバー

日本名は 墓石落とし(はかいしおとし)。 ツームストーン・パイルドライバー [ ] によるツームストン・パイルドライバー。 王座を所属だったロックに奪われたため、入れ替わりに移籍。 The Unholy Alliance - 1999年のビッグ・ショーとのタッグで使用。 も同型の技をとので使用している。 5月28日のSmackDown! ダブルアーム・パイルドライバー [ ] 相手の上半身をの要領で捕らえて相手の体を垂直に持ち上げながら尻餅をつき、相手の頭部を打ちつける。 2019年 [ ] 6月7日、でと対戦。

次の

バディ・キラー・オースチンのドリル・ア・ホール・パイルドライバー

ツームストン パイル ドライバー

同年10月5日、の ザ・パニッシャーに変身してUSWAテキサス・ヘビー級王座も奪取した。 この試合後棺桶が登場、稲妻が落ち、燃え上がる棺桶の中からテイカーが登場し復帰。 クロスアーム・パイルドライバー [ ] 前屈みになった相手の頭を自身の股の間に挟み、右手で相手の左腕、左手で相手の右腕をそれぞれ掴み、掴んだ両腕を相手の胸の前で交差させて相手の体を垂直に持ち上げながら尻餅をつき、相手の頭部を打ちつける。 しかし、が3カウントを取ったその瞬間、アンダーテイカーは耐え切れず、マットをタップしてしまっていた。 オースチンはその後、愛娘をプールで溺死させ、「これはあのふたりの呪いだ!」と真剣に悩むようになり、酒に溺れ選手生命はもちろん、寿命まで縮めたのであった。

次の