スター トゥインク ル プリキュア キュア コスモ。 西村ちなみ

「スター☆トゥインクルプリキュア」後期エンディング主題歌「教えて...!トゥインクル☆」(ノンテロップver)

スター トゥインク ル プリキュア キュア コスモ

星奈家 星奈 陽一(ほしな よういち) 声 - ひかるの父であり、春吉と陽子の子。 ユニを当初は「ブルーキャット」と呼んでいたが、仲間になってからは「ユニ」と呼び捨てしている。 強化形態 ダークネストの量産された鎧を着用して強化された姿。 はその後も旧姓のままであり、また結婚後の苗字は一般公開されていない。 しかし、かえでがテンジョウによりノットレイ化させられると、普段から家のために全てを投げ打ち、周囲に偽りの笑顔を見せるえれなへの葛藤の気持ちがあったことに気付く。 映画版ではおうし座ドレスの状態で放ちピンクの星からピンク色の牛が現れ、バーンに大ダメージを与えた。

次の

「スター☆トゥインクルプリキュア」後期エンディング主題歌「教えて...!トゥインクル☆」(ノンテロップver)

スター トゥインク ル プリキュア キュア コスモ

中学校では帰宅部、高校では部に入っていた。 異星人への敵対心が強く、特に異星人同士の交流を肯定するひかるやララとはしばしば対立している。 本来は最下位クラスとなるクラス8の調査員としての調査を行っており 、「スターパレス」での異変を察知したサマーンからの調査員として派遣されていた際にフワとプルンスに出会い一緒にプリキュアを探す旅をしていたが、突然フワがいなくなり捜し回っていたところフワの力で地球にワープしてきた。 一人称は「わたし」。 マオ ユニが変身した姿の一つで、彗星のように現れ、出した曲は天文学的大ヒットを記録した宇宙No. だがこの戦闘を政府の命で宇宙人に関する調査を行っていたまどかの父で政府高官の香久矢冬貴に見られ4人は事情を問われるが、そこにハリウッドで活躍する映画監督のP. サミー「」• テンジョウの故郷でもある。 金髪で髪先は縦ロールになっており「〜ですわ」とつけて話す。

次の

「スター☆トゥインクルプリキュア」後期エンディング主題歌「教えて...!トゥインクル☆」(ノンテロップver)

スター トゥインク ル プリキュア キュア コスモ

コピーフワ 前述のマタークッキーをつまみ食い後のしゃっくりから誕生した自身のコピー。 000000012%」であると判断されしょげている。 ダークネストが復活して以降は、彼の側近としての役割もこなしている。 その後、初のプリンセススターペンゲットを機にかつとなる。 通常の個体はプリキュアに比べて戦闘能力はあまり高くないが、テンジョウが使役する一般人を素体にした強化型のノットレイ(声 - 下山吉光)はプリキュアにも対抗できるほどに強化されている。 果たしてこれがスターたちにどんな力を与えてくれるのだろうか? 5人に新たなミッションが始まる。

次の

西村ちなみ

スター トゥインク ル プリキュア キュア コスモ

(立花沙織) 1996年• (圭子、ユウコ)• () 2009年• (エリナ) 2000年• なので3年生になった現在でもから引く手あまたでが絶えないが、前述の事情により部活には入っておらず勧誘も断っている。 (ナース) 2000年• フワを失い5人が悲しみに暮れていたその時、不思議なことが起こった。 (愛原花織・初代)• そしてペンダントが示した場所へ向かうと宇宙アイドルのマオと出会い、彼女を見た途端プルンスが狂喜乱舞する。 アイワーンノットリガー 声 - 下山吉光 第20話と第21話で登場。 その他の登場人物(星空界) サボロー 型の宇宙人。

次の

「スター☆トゥインクルプリキュア」後期エンディング主題歌「教えて...!トゥインクル☆」(ノンテロップver)

スター トゥインク ル プリキュア キュア コスモ

こうしてララは地球人「羽衣ララ」としての新生活に観星中への通学を熱望し、アブラハムの根回しにより無事編入しひかるとクラスメイトになる。 ぼくたちピチューブラザーズ・パーティはおおさわぎ! 紫色の肌に黄色のが特徴。 扇状に広がった赤紫の髪と猫耳のような、黄緑の瞳、尖った耳、黒い尻尾が特徴。 吹き替えには1990年のアメリカ映画『』における版の日本語吹き替えでデビュー。 グーテン星 ノットレイダーの足取りを掴むため、協力を得るべくひかるたちがやって来た星。 故郷は高い鼻が美徳とされているグーテン星であり、その中においてテンジョウ自身は生まれつき鼻が低く、周囲と異なる見た目に対し大きなコンプレックスを抱いていた。

次の

「スター☆トゥインクルプリキュア」後期エンディング主題歌「教えて...!トゥインクル☆」(ノンテロップver)

スター トゥインク ル プリキュア キュア コスモ

いて座 声 - 伊藤美紀 のスタープリンセス。 以前から両親の気質や性格が変わっていることにコンプレックスを抱いており、「普通の家が良かった」と家を飛び出してしまう。 のちに自身も通うことに(後述)。 しかしそれが心に余裕がなくなる原因となり、また前述の役職や習い事、の勉強も重くのし掛かり自分らしからぬミスを連発 してしまう。 ノットリガー 声 - 下山吉光 アイワーンが使役する怪物。

次の

スター☆トゥインクルプリキュア

スター トゥインク ル プリキュア キュア コスモ

かつてスターパレスでスタープリンセスに仕えていたが、スターパレスがノットレイダーの襲撃を受けた後はスタープリンセスから託されたフワを守りながらプリキュアを探していた。 その家名のとおりドラゴンのような角や手、尻尾が特徴。 ドラムス 声 - 星空界一の大富豪・ドラゴン家の嫡男。 モチーフは「天体」の他、初期メンバーには「」の隠し要素があり、プリキュアの衣装および彼女たちが持つプリンセススターカラーペンは、スターが、ミルキーが、ソレイユが、セレーネがにそれぞれ対応している。 その時だった、彼女の思いにトゥインクルブックが呼応し変身ペンとペンダントが誕生する。 ちなみに、制服のソックスも濃いグレーである。

次の

「スター☆トゥインクルプリキュア」後期エンディング主題歌「教えて...!トゥインクル☆」(ノンテロップver)

スター トゥインク ル プリキュア キュア コスモ

星空界 地球から遠く離れた場所にある世界。 ARIA The AVVENIRE( アリア・ポコテン ) 2017年• (穂積茉莉)• 「」ではの死去に伴い、五十四(いつよ)役を引き継いだ。 インターネットラジオ『』で共にパーソナリティーを務めると30代の集まりを結成し、その集まりを チーム30 と名付けている。 その正体は、アイワーンに近づくために姿を変えていたで、惑星レインボーでのプリキュアとの戦いの中、フワに香水の匂いから気づかれたのを受ける形で自身の正体を明かす。 ララは4人に「声の主は双子の兄・ロロで、サマーンでも数少ない優秀な調査員」と説明する。 その際にユニに自分の所業を謝罪し、戦いが終わった後は惑星レインボーの復興に協力している。 ひかるは5人での共闘に胸を踊らせていたが、ユニは地球でも相変わらず単独行動し素っ気なかった。

次の