タイ 変換 プラグ。 電圧 【通販モノタロウ】

タイのコンセントや電源プラグの形状や電圧を解説:アイフォン等スマホや日本の電化製品は使えるの?ホテルで変換プラグは必要か?|FPが考えた!世界旅行と海外移住~タイのパタヤからのブログ

タイ 変換 プラグ

コンセントプラグの所に小さな文字ですが100V専用なのか100V~240Vまで使えるのか書いてありますので確認してください。 コンセントの形状に合うよう「変換プラグ」を持参する タイのコンセントの形状は、Aタイプ、B3タイプ、BFタイプ、Cタイプの4種類で、ほとんどのところで日本と同様のAタイプが備わっています。 その一方で、日本では一般家庭で100V(工場など大型施設では200Vのことも)に設定されているので、タイと日本では電圧が異なります。 これも当然• 一方で変圧器とは• その他の家電 エアコン、冷蔵庫、洗濯機etc は アパートに備えつけなので買う必要もなく、 タイ仕様なので特に心配する必要はありませんでした。 なので日本の電化製品でも 変換プラグなしで利用することが可能です。 タイで購入したのでタイで使用する事は可能ですが、日本で使用する時は充電のコードの部分のみ変えます。 タイのコンセント側には長方形が左右に2つある形状(日本と同じ)と、差込口の形状にさらに半円の様な丸い穴が付いているコンセントもありますが、ほとんどの場合は、日本の電源プラグをそのまま差し込むことができます。

次の

タイの電圧・プラグ|地球の歩き方

タイ 変換 プラグ

電圧を変換するための機器 です。 柄の部分に電圧を切り替えるところがあるので、220~240Vに変え使っています。 また変圧器は不要ですが、 ヘアドライヤーやヘアアイロンは海外の電圧に対応したものを選んで持っていく必要があります。 2 低電圧用 【セット内容】遮光面フィルター、カバープレート付100V用ゴムプラグ【質量 kg 】16. 変換変圧器より使用する家電製品の容量が大きければ変圧器が壊れます。 特にマルチ変換プラグは一度買えば• あまり古い電化製品は『ヘルツフリー』には対応していませんので、タイへの持ち込みは考え直したほうが無難です。

次の

タイのコンセント・変換プラグ・電圧・変圧器

タイ 変換 プラグ

変換プラグや変圧器を忘れてしまったらどうすればいいのかご紹介していきます。 目安としては• したがって、荷物をなるべく減らしたいという方は変圧器は必須ではないと捉えて大丈夫でしょう。 くれぐれも形状が一緒だからといってむやみに挿さない様にしてください。 タイは日差しも強いです。 シガーソケットを装備しているので12V仕様の電気製品が仕様可。 旅行の直前でも 即日発行できる 条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。 5mmの見やすいデジタル表示。

次の

タイ旅行に変圧器は必須?現地のコンセント事情まとめ | 大学生の困った!を解決するCampus Magazine

タイ 変換 プラグ

タイやバンコク旅行のお土産はスーパーマーケットの購入がおすすめ 海外旅行に行くと誰もが悩むのが日本へのお土産ですよね。 特に迷うのが、 変換プラグと変圧器を持っていくかどうかじゃないでしょうか。 なので• 日本では東日本が50Hz、西日本が60Hz。 それでも万が一、必要になった場合は以下を参考にしてください。 落下等には注意して下さい。 安くて便利ですね。 つまりタイでは、 「60Hzのみにしか対応していない家電製品」は使用できないことがあります。

次の

タイのコンセント・プラグ・電圧を解説!変圧器は必要?

タイ 変換 プラグ

すっきりしたデザイン を選ぶのがベストだと思います。 現在売られているような最新のマルチ変換プラグは、軽量のものばかりなので心配し過ぎることもないかとは思います。 変圧器が必要なもの 日本対応タイプ 100V の電化製品は、変圧器を使用して電圧を変えることで使用が可能です(後述しますが、変圧器を使用しても使えないケースもあります)。 変圧器というのは上の写真のようなもので、変圧器を使うことでタイの220Vを日本の100Vに変換してくれます。 なにか大切なもので、どうしても100Vしか対応していない電化製品をタイに持参したいという場合には、電圧を変えてくれる「変圧器」も一緒に持参しましょう。 5リットル用) 200〜500W 電気ポット 400〜1,000W 電熱器具、モーター内蔵機器を使用の際は表示されている消費電力(W)よりも大きめの変圧器をお選びください。 日本の電圧は100V(ボルト)なのに対し、タイでは220Vの電圧が一般的です。

次の

旅行前にチェック! タイのコンセント・電圧事情|エアトリ

タイ 変換 プラグ

少しややこしいかもしれませんが• あまりいないとは思いますが、大型家電をタイに持っていく場合には、電圧だけでなく周波数(50Hz対応かどうか)も併せて確認しておきましょう。 差込口によってはすっと簡単にさせるものもありますが、 プラグが折れるんじゃないか、感電するんじゃないかとひやひやします。 5【適合板厚 mm 】1. 電圧の確認が必要• (タイの電圧:220V~240V) 変圧器が不要な物 iphone(スマートフォン) 旅行で持っていくであろうと思われる携帯などは変圧器の必要はありません。 電源コードとアダプタ部分は異なることもあります。 USBポートも付いており、わざわざスマホの充電器が必要ない。

次の

タイの電圧・プラグ|地球の歩き方

タイ 変換 プラグ

USBポートは付いていない です。 電圧とは、電気の流れる速さや量のことです。 この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。 青いのが変換プラグ。 基本的に最近では、 日本製でも ほとんどのスマホやPC、カメラは全世界対応なので、心配する必要はないと思います。 日本人の利用者も多く、口コミも多い。

次の

タイ旅行に変圧器は必須?現地のコンセント事情まとめ | 大学生の困った!を解決するCampus Magazine

タイ 変換 プラグ

その他に丸い部分が3つあるB3タイプ、日本式コンセントの棒の形が丸くなったCタイプがあり、コンセントの形は合計3種類です。 パクチーも多くのタイ料理に入っています。 photo by 基本的には日本のAタイプのコンセントが設置されているので、電圧や周波数など家電製品の規格さえ合えばタイでも使用可能となります。 わたしはヘアアイロンはバンコクで購入しました。 少しまとめておくと• タイ生活にかかせない他の家電製品は? 炊飯器、電子レンジ、湯沸しポット、DVDプレイヤー 旅行者の方には関係ありませんが、私が普段使っている炊飯器などはタイ現地で購入しています。 本体下部に防雨タイプ押しボタンスイッチの採用で使用性の向上。

次の